翻訳に関するコラム

フリーランスや在宅で翻訳をおこなうには?

投稿日:

インターネットとフリーWi-Fi、必要なソフトウェアがあれば、いつでも、どこでも仕事ができる世の中になりました。パソコン一つあればできる仕事の中の一つとして、翻訳が挙げられます。翻訳者を目指す人の中には、翻訳会社に翻訳者として就職するのではなく、フリーランスや在宅で仕事をすることを希望する人が少なくありません。

ここからは、フリーランスや在宅という自由なスタイルで翻訳の仕事を始める前、そして仕事を始めてから、どんなことに注意が必要かをご紹介します。

パソコンに関するトラブルへの備え

フリーランスや在宅で仕事をする上で不可欠なツールと言えば、パソコン、です。会社であれば、システム担当部門があって、何かトラブルが発生すれば助けてもらうことができますが、フリーや在宅となるとそうはいきません。パソコンやソフトに不具合が発生すると、翻訳作業はできなくなりますし、納品が遅れてしまうかもしれない等、たちまち仕事に支障が出てしまいます。

システムエンジニアのような高いレベルのスキルは必要ありませんが、ある程度は自分で対処できるように、ネットワークに関する基礎的な知識やスキルを習得しておくことが理想的です。

分かっていても、パソコンやネットワークへの苦手意識が払しょくできない場合は、在宅で仕事をする人や個人事業者のためのシステムサポートサービスを利用すると良いでしょう。

HPを持とう!自分を売り込む営業活動

フリーランスとして独立したら、どのような分野で実績と経験を持つ翻訳者であるかを知ってもらうために、HPを立ち上げましょう。

翻訳会社に所属している翻訳者であれば、仕事は会社がとって来てくれますが、フリーや在宅の場合は自分自身で営業活動をしなければなりません。

ただし、HPに実績情報を紹介する時は要注意。翻訳案件のほぼ全てが守秘義務を伴うものです。翻訳原稿の公開は絶対NGですし、案件の依頼者名も事前にHPで公開しても良いかどうか承諾を得ることをお忘れなく。

情報の守秘義務と管理責任

翻訳会社であろうと、フリーや在宅であろうと関係無く、翻訳原稿の取り扱いには厳重な守秘義務が伴います。翻訳会社であれば、会社が作成した守秘義務契約書がありますが、個人の翻訳者の場合も定番様式を参考にして常に守秘義務契約書を用意しておきましょう。

また、パソコンには必ずコンピューターセキュリティのソフトをインストールし、必要に応じてバージョンアップすることも怠らないようにしましょう。

パソコン一つあればどこでも仕事ができますが、家以外の場所、例えばカフェなどで仕事をする場合も、原稿が他人に見られないように配慮が必要です。万が一パソコンが盗難にあっても、中の情報が見られないようにパスワードでロックをかける備えも忘れずに。

これらの準備は、在宅やフリーで翻訳をする際にお客様からの信頼を得るために不可欠な要素です。

仕事のスケジュール管理

オフィスで仕事をする環境とは異なり、フリーや在宅で仕事をする時に難しいのが、スケジュール管理です。断りづらくて自分のキャパを超える案件を請け負ってしまった、つい頑張り過ぎて翌日の仕事に響いてしまった、あるいは、のんびりやり過ぎて納期ギリギリになってしまった等、適切な仕事量とそれをこなせる時間配分を見極めるのは、簡単ではありません。

はじめのうちは少なめの仕事量を確実にこなすことに集中しましょう。経験を積むことで、より多くの仕事を、より効率的に処理できるスケジュール管理能力アップしてくることでしょう。

経費管理

仕事と時間の管理と同様に重要なのが、経費の管理です。翻訳作業に対する見積書、納品書、請求書等の発行、またさまざまな諸経費などは、フリーランスであれば自分で行う作業になります。これについてもパソコンやネットワークのサポート同様に外部委託という手もありますが、今は個人向けの簡単な経費管理ソフトもありますので、なるべくそういうものを利用して出費を抑える方が無難です。

フリーランスとして仕事をすると、確定申告の必要も出てきます。直前になって慌てないためにも、早めに会計ソフトを入手して、帳簿をつける習慣をつけましょう。

フリーランスや在宅で翻訳をおこなうには?まとめ。専門性と実績が重要!

最後に、最も大事なことをお伝えします。それは、フリーランスとして、また在宅として翻訳の仕事をする上で欠かせないのは、専門性と実績だということです。この二つなくして、翻訳の依頼を受けるのは極めて困難です。それは、翻訳会社に所属する翻訳者も同じことですが、それ以上に個人で活動する翻訳者に要求される要素と言えます。

専門性も無く、また翻訳会社等でその専門分野での実績や経験の無い場合は、いきなりフリーランスや在宅として独立した翻訳業を始めるのは危険です。まずは翻訳会社で翻訳の仕事の流れを理解し、スキルを磨き、自分にあった専門分野で実績を積むことで、より良いフリーランスとしてのスタートを切ることができるでしょう。

いかがでしょうか。ここまで、フリーランスとして、また在宅で翻訳の仕事をする上で、事前、また仕事を始めてから注意して欲しいポイントをご紹介しました。自由なスタイルで働くには、それを維持するためにさまざまな責任が伴うことが理解していただけたでしょうか。楽しいことばかりではありませんが、ご紹介したポイントを参考に準備をしっかりすれば、きっと自分らしい働き方が実現できます。

管理人おすすめの翻訳会社

管理人おすすめの翻訳会社はこちら → 翻訳のACN

品質 価格
対応 スピード

ACNは、東京都港区にある会社、とりわけ学術論文、特に医学分野を得意とする翻訳会社です。医学分野を初めとする学術論文に精通しており、品質が高いと評判です。価格は、相場くらいではないかと思いますが、和英翻訳には全てネイティブチェックが無料でついています。またスタッフの対応もよく非常にクオリティが高いと言えます。

>>翻訳ACNの詳細はこちら

 

-翻訳に関するコラム

Copyright© 翻訳会社一覧 まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.