翻訳依頼時の基本 文書・分野別翻訳会社の選び方まとめ

論文翻訳に強い業者を見極めるには

更新日:

翻訳には様々なジャンルがありますが、現在急速に需要が高まっているジャンルの一つが論文翻訳です。その背景には、研究者の実績評価が「どの学術誌に、論文が何本掲載されたか」を重視する傾向が強くなっていることが挙げられます。より条件や環境の良い研究機関で研究活動を行うためや、より多くの研究資金を集めるためには、より高い実績評価をもつ研究者であることが求められます。

そのためには、著名で権威のある学術誌に研究論文が掲載されることが必要ですが、そのような学術誌は論文審査も厳しく、審査通過は至難の業です。また世界的な学術誌は圧倒的に欧米系で、当然ながら論文は英文で執筆することが求められます。

研究内容が優れているにもかかわらず、英文の欠陥から論文審査に通過できない残念なケースは、英語を母国語としない国々の研究者に見受けられます。日本の研究者にもそのような残念な体験をしたことをきっかけに、論文翻訳を利用する研究者が増えており、それに伴って論文翻訳を扱う翻訳業者も急増しています。数多くの業者の中から論文翻訳に強い業者を見極めるには、どのような点に注目したらいいのでしょうか?

 

専門分野での豊富な実績

翻訳業者を探す際、多くの方がインターネットで検索を行い、各社のHPに掲載されている情報を見て、比較検討を行うと思います。ここで是非、注目していただきたいのは、専門分野に関する情報です。中でも要チェックは、分野名。大雑把な分野名しか記載が無い業者は、実績数が少ない可能性がありますので、発注前に依頼したい分野の実績有無を確認することをお勧めします。

アカデミックな世界にもトレンドがあります。時流に沿った表現や用語は、専門分野においてコンスタントに、新しい案件を受注して豊富な実績があるからこそ適切に使いこなすことができます。アカデミックでの先端業界と言えば、やはり大学や公共研究機関。具体的な大学名や機関名が公表されていることも、実績のある証です。

念のために、会社概要を確認して下さい。創業から間もない業者にも関わらず、不自然に数多くの実績が記載されている業者には要注意です。

 

論文翻訳ならではのサービスの有無

前述の“専門分野での豊富な実績”があるからこそ、可能になるのが論文翻訳ならではのサービスです。翻訳依頼に出している間に、原稿に修正や変更が発生することは珍しくありません。その際に途中で原稿の差し替えに応じてくれるサービスや、学術誌に投稿してから査読で指摘を受けた部分的な英文修正サービス等は、論文翻訳に豊富な受注実績があるからこそ提供できるものです。

実績の少ない業者では、このような追加サービスはその都度追加料金で対応するのが通常です。依頼者からのリクエストを見込んで、先回りのサービスを含んだ論文翻訳向けのセット料金がHP等で公表されているということは、論文翻訳実績が豊富であり、従ってその分野に強い業者と考えられます。

専門分野の知識と経験のある翻訳者やチェッカー

論文翻訳に限ったことではありませんが、高品質の翻訳が求められる分野では、翻訳しようとする原稿の分野や業界についての専門知識や経験が不可欠です。一般的な文書の翻訳であれば、さほど高い専門性は必要としないかもしれませんが、学術誌へ投稿しようとする論文を翻訳するには、その分野における専門知識を研究者と同等レベルに備えた翻訳者やチェッカーによる校閲作業が欠かせません。翻訳業者によっては、翻訳者を自社で雇用している場合と、外部の翻訳者と契約している場合があります。

論文翻訳の特徴の一つは、翻訳が完成してから、その英文論文を投稿し、論文審査次第では追加の英文修正や変更が発生するという長期にわたる案件である点にあります。つまり、翻訳を担当してくれた翻訳者に、後日再度追加翻訳や修正をしてもらう必要性が発生する可能性が高く、引き続き同じ翻訳者に作業を担当してもらえる体制があることは非常に重要です。外部の翻訳者と案件が発生する都度で依頼する体制の翻訳業者ですと、同じ翻訳者による継続作業が確保される保証が無く、依頼する側にとっては不安です。

専門分野に長けた翻訳者やチェッカーが雇用によって確保されているかどうか、事前に翻訳業者に確認してみましょう。翻訳業者によっては、HPで雇用もしくは常駐している論文翻訳担当の翻訳者のプロフィールを公表しているところもあります。論文翻訳に強い業者の見極めに、活用して下さい。

 

翻訳証明書発行リクエストへの対応

研究内容以前に、英文品質について指摘する論文審査員が少なくありません。本質と違う点を指摘され、その上審査に落ちてしまっては残念です。投稿前に専門家による英文チェックを受けていることを証明する「翻訳証明書」は、このような指摘を回避する上で非常に有効です。

論文翻訳の実績数が少ない業者の多くは、このような証明書発行を有償で行っていますが、実績数が多い業者であれば、そのようなリクエストを織り込み済みで“論文翻訳セットプラン料金”で包括的に対応します。翻訳証明書の発行リクエストに対して、翻訳業者がどのような対応やサービスを提供しているかも、論文翻訳の依頼先として妥当かどうかを見極めるための手がかりになります。

 

 

管理人おすすめの翻訳会社

管理人おすすめの翻訳会社はこちら → 翻訳のACN

品質 価格
対応 スピード

ACNは、東京都港区にある会社、とりわけ学術論文、特に医学分野を得意とする翻訳会社です。医学分野を初めとする学術論文に精通しており、品質が高いと評判です。価格は、相場くらいではないかと思いますが、和英翻訳には全てネイティブチェックが無料でついています。またスタッフの対応もよく非常にクオリティが高いと言えます。

>>翻訳ACNの詳細はこちら

 

-翻訳依頼時の基本, 文書・分野別翻訳会社の選び方まとめ

Copyright© 翻訳会社一覧 まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.