翻訳依頼時の基本

複数言語を同時に依頼する時の注意点

更新日:

 

インバウンド対策として、日本を訪問する外国人が利用する観光関連産業、サービスや店舗の多くがHPの多言語化に急ピッチで取り組んでいます。以前までは英語だけで十分だった翻訳が、今では中国語や韓国語が加わり、3ヶ国語での情報提供は当たり前。需要の高まる多言語化は、効率重視で複数言語の翻訳を同時に発注する機会も増えています。では、複数言語を同時に発注する時には、どんな点に注意が必要なのでしょうか。

 

日本語から多言語に直接翻訳

 同時に複数の言語への翻訳を発注する場合は、必ず日本語から「直接」各言語へ翻訳するように指定しましょう。

日本語から中国語や韓国語へ、またはその逆への翻訳需要が急増しているとは言うものの、やはり圧倒的多数は日本語から英語か、英語から日本語への翻訳パターン。翻訳者の数も、日英間の翻訳ができる人が大半で、日中や日韓の翻訳者はまだまだ数が足りません。よって、日本語から中国語や韓国語への翻訳料金は、英語へ翻訳する料金よりも割高である場合が一般的ですが、翻訳精度を確保するためには日本語から各言語へ直接翻訳することが大切です。

日本語から直接多言語に翻訳することを指定しないと、翻訳会社によっては日本語から一旦英語へ翻訳し、その英語版から中国語や韓国語へ翻訳する場合があります。日本語から英語への翻訳の品質が高ければ問題ありませんが、英語版の品質が悪いとそれが中国語や韓国語にも引き継がれてしまい、全ての翻訳品質が低下してしまいかねません。そのようなリスクを回避するためには、日本語からの各言語への直接翻訳を徹底した方が安心です。

 

納品原稿の確認や修正は同時に、納期は長めに

上述した通り、経験豊富で優秀な日中や日韓の翻訳者数は、同様の日英の翻訳者数よりも圧倒的に少ない状況です。

数少ない翻訳者による作業になることから、納期については十分余裕をもった発注を心がけましょう。複数言語の同時発注は効率的と考えがちですが、必ずしもそうとは限りません。発注が同時だからと言って、同時に翻訳が完成するわけではないからです。

たとえば先に納品された言語から次々と原稿を修正してしまうと、後で納品された言語の原稿と内容が異なってしまったり、ズレてしまう等で、情報に一貫性がなくなってしまい、逆に効率が悪い作業になってしまいます。納品された複数言語の翻訳原稿の確認や修正作業は、できる限り全部揃ってから行いましょう。

 

目的とする分野での多言語実績がある翻訳会社を選ぶ

当然のことですが、目的とする分野で、必要な多言語での翻訳実績が豊富な翻訳会社を選択することが重要です。HPで”3ヶ国語への翻訳はお任せ下さい!”と書かれていても、それがある特定分野に限定されていて、目的とする分野での実績が少ないような翻訳会社では意味がありません。

もし、英語、中国語、韓国語の3ヶ国語へ同時翻訳を必要とするならば、目的とする分野でこれらの言語の翻訳者が確保できることを翻訳会社に、発注前に必ず確認しましょう。1ヶ国語でも翻訳者が確保できない場合は、発注先として相応しくありません。一人でこれらの複数言語を翻訳できる翻訳者がいる場合が稀にありますが、その人の経験が浅い場合は、依頼するのは避けた方が無難です。

また希少言語を含む場合は注意すべき点も多いので、以下の記事も併せてお読みください。

Dr.M
こちらも併せてチェック
希少言語の翻訳を外注する際に知っておきたい5つのポイント

  翻訳と聞いてすぐに思いつく言語と言えばやはり英語、中国語、そして韓国語がメジャーかと思います。しかし、近年の訪日外国人観光客の急増や、従来市場の飽和による新たな海外市場開拓の動きは、これ ...

続きを見る

 

翻訳チェックができる人材の確保

納品された翻訳原稿の品質を確認するためには、ある一定レベル以上の語学力が必要です。それだけのスキルがある人材を社内に持っている会社や、ましてや個人はあまり多くありません。だからこそ外部の翻訳会社に発注するわけですが、本当に納品された翻訳原稿が質の良いものなのかどうかを確認するには、一体どうすればいいのでしょうか。翻訳作業と翻訳チェック、いわゆるチェッカーの作業は異なります。翻訳者が必ずしも、チェッカーのスキルを兼ね備えているとは限りません。

同時に複数言語の翻訳を発注する際には、翻訳会社側にその翻訳品質をチェックできる人材が居るかどうかの確認をすることも重要です。

 

優れた翻訳コーディネータの確保

 複数言語の翻訳発注に限らず翻訳を外部に発注する際、調整力のある翻訳コーディネータが大きな役割を果たします。翻訳する原稿の用途や翻訳中に配慮して欲しいこと等の情報を顧客から聞き取り、それらが確実に翻訳に反映されるようにするために欠かせない存在が、翻訳コーディネータです。複数言語の翻訳案件には、言語の数だけ翻訳者やチェッカー等の作業人員が増えるため、関係者全員に漏れなく情報が共有されるようにプロジェクトリーダーとしての役割を果たす人がいないと、翻訳作業を適切に進行できず、結果として質の低い翻訳になってしまう可能性が高くなります。

複数言語の翻訳を発注する際には、窓口となる翻訳コーディネータを確保するように翻訳会社に要望し、必ずその担当者を通じて情報のやり取りを行うように徹底しましょう。

管理人おすすめの翻訳会社

管理人おすすめの翻訳会社はこちら → 翻訳のACN

品質 価格
対応 スピード

ACNは、東京都港区にある会社、とりわけ学術論文、特に医学分野を得意とする翻訳会社です。医学分野を初めとする学術論文に精通しており、品質が高いと評判です。価格は、相場くらいではないかと思いますが、和英翻訳には全てネイティブチェックが無料でついています。またスタッフの対応もよく非常にクオリティが高いと言えます。

>>翻訳ACNの詳細はこちら

 

-翻訳依頼時の基本

Copyright© 翻訳会社一覧 まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.