翻訳依頼時の基本

翻訳の見積もり依頼の方法

更新日:

かつては翻訳外注の発注者といえば、外資系企業や商社、または海外との取引や海外に生産拠点がある国内の製造企業に占められていました。

その頃の翻訳対象は、契約書をはじめとする商取引に関係する資料や、情報共有のための社内文書が大半。そして翻訳言語は、日英もしくは英日が圧倒的多数でした。

そのような以前の翻訳外注の特徴が、今や大きく変化しています。あらゆる産業や業界に影響をもたらしているビジネスのグローバル化、インターネットやITの普及、また国内で特筆すべき近年の動きとして、観光立国をめざした国をあげてのインバウンド対策の強化が挙げられます。

これらの社会や経済における新たな潮流は、かつてと比較にならないスピードとスケールで、日本と海外とのコミュニケーションを質と量の両面で向上する需要を生み出しています。

翻訳事業が見直されている

当然ながら、それは翻訳業界にも大きな影響をもたらし、翻訳外注にあまり縁の無かった個人や業態にまで、新たな需要層を拡大するに至っています。

翻訳サービスを利用する機会の無かった人達が共通に抱くイメージは、翻訳を外注すると高い、ではないでしょうか?

この、翻訳を外注すると高い、という思い込みから、英訳もしくは和訳が必要になった時に自動翻訳を利用する人がいらっしゃいます。そして利用した結果、その翻訳品質のレベルの低さにがっかりさせられた、という経験をしてしまう方が少なくありません。

このような苦い経験をする前に、まずは翻訳費用の見積もりをとって、本当に翻訳外注が高いのか、確かめてみましょう。

残念ながら苦い思いをしてしまったかもしれませんが、自動翻訳を利用することで、翻訳が単に言語を訳して終わりではなく、さまざまなサービスを必要とする作業であることに気づいた方も多いと思います。

翻訳の見積もりを依頼する際に大事な点は、正にそこです。

翻訳の目的や条件に応じて、必要になるサービスも異なり、それが費用に大きく反映されます。中には、セット料金の設定があるために、後からリクエストすると追加費用が発生してしまう、というサービスもあります。

無駄な費用をかけず、安心して発注するための最初のステップとして行う、翻訳費用の見積もり依頼。一体、どのような情報を翻訳業者に提供すれば良いのでしょうか。

ここでは、初めて翻訳を外注する個人や会社を対象に、翻訳費用の見積もりを依頼する方法をご紹介します。

実際に翻訳する原稿

精度の高い翻訳費用の見積もりを入手するためには、できる限り“実際に”翻訳する原稿を翻訳業者に提供しましょう。一般的に、翻訳する原稿の文字数やワード数に、1文字当たり、もしくは1ワードあたりの単価を乗じて算出したものが、翻訳費用となります。

費用次第で翻訳を外注したい、や、原稿が未完成という場合に、実際の原稿ではなく、字数やワード数が同等の原稿で見積もりをとる場合もあるかもしれませんが、見積もり精度が低くなることは避けられません。

見積もりは翻訳業者にとって、新しい取引につなげるために最も重要な作業であり、受け取った翻訳原稿に対して、どんなサービスができるかを提案する機会でもあります。

実際に翻訳する原稿が提供されないと、ここでの提案も仮定のものになってしまい、他社との費用やサービス比較の際にあまり参考にならなくなってしまいます。

納期と予算

どんな仕事を外注する場合でも、必要な情報が納期です。短納期になるほど、費用が高くなる場合もあります。納期に余裕がある案件であれば、複数の希望納期を提示して見積もりを依頼すると良いでしょう。

予算上限の情報提供も、過剰なサービスオプションの提案を避け、予算範囲で何ができるかを把握する上で有効です。

翻訳原稿の用途や関連資料

翻訳の目的に応じて、必要な作業範囲とサービスが異なってきます。ネイティブチェック指定などの翻訳者に関するものもあれば、翻訳品質保証などのアフターサービスに関するものもあります。

初めて翻訳を外注する場合ですと、どのようなサービスが必要なのか、またどんな作業が発生するのか、事前には判断できないこともあります。

翻訳原稿を提供する際に、その原稿をどのような目的に利用するのかという情報や関連資料を提供することで、実績や経験の豊富な翻訳業者であれば想定されるサービスや作業範囲を見積もりの中で提案してくれます。

二社以上からの相見積もり

急速な翻訳需要の増加に伴い、多種多様な翻訳業者が登場しています。翻訳発注の際には、翻訳の目的や分野から、その専門性や実績のある翻訳業者を絞り込むことが大事です。

さらに、同じ分野を専門とする翻訳業者でも、それぞれ特徴や強みがあります。費用はもちろんのこと、その特徴を比較検討する上でも、最低二社からの相見積もりをとることをお忘れなく。丁寧で、スピード感があり、要望を正しく反映した精度の高い見積もりが出せる翻訳業者こそ、選ぶ価値ありです。

翻訳の見積もり依頼によって確認できるのは、費用ばかりではありません。翻訳業者のカスタマーサービスの品質も確認することもできます。そして、翻訳を外注する価値は、むしろそこにあります。

優れた翻訳業者にサポートされることで、より高い精度と信頼性を備えた翻訳原稿は、さらに新たな価値を生み出します。外注にかかる経費は、価値ある投資です。まだ、“翻訳は外注すると高い”と思いますか?

管理人おすすめの翻訳会社

管理人おすすめの翻訳会社はこちら → 翻訳のACN

品質 価格
対応 スピード

ACNは、東京都港区にある会社、とりわけ学術論文、特に医学分野を得意とする翻訳会社です。医学分野を初めとする学術論文に精通しており、品質が高いと評判です。価格は、相場くらいではないかと思いますが、和英翻訳には全てネイティブチェックが無料でついています。またスタッフの対応もよく非常にクオリティが高いと言えます。

>>翻訳ACNの詳細はこちら

 

-翻訳依頼時の基本

Copyright© 翻訳会社一覧 まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.